SK通信|音楽配信サービス解約法

今回のSK通信では音楽配信サービスの解約についてご紹介いたします。
まず、音楽配信サービスとは何でしょうか?
音楽配信サービスは、定額で音楽が聴き放題になるサービスのことで、パソコンやスマートフォンなどで好きな音楽を聴けるようになります。
料金は会社により、また提供される楽曲数により違いがありますが500円から1000円程度のものが多いようです。
サービスの内容は、ラジオのように最初からプログラムが組まれたものを聴くタイプのものと、いわゆるオンデマンドタイプの楽曲を自分で選んで再生できるものがあります。
サービスで配信される楽曲の数は限りがあるので、せっかく月額料金を支払っていても自分の聴きたいアーティストの曲があまり入っていなかった…ということもあるようです。
配信される楽曲には各社ごとに一定の傾向があるものの、入ってみてから分かることも多々ありますから無料試用期間などを上手く利用することが必要です。
各社の料金プランにも様々な種類があり、家族みんなで共有できるプランがある会社や、学割プランのあるところ、プランに段階を設けて提供する楽曲数に差をつけているところなど各社で工夫をしています。
どのプランが自分に必要なものなのか、十分検討をすることが大切です。
また、オンデマンドタイプの提供会社の中にはスマートフォンなどの機器に楽曲をダウンロードして、インターネットに接続しないオフラインの状態でも聴くことのできるサービスもあります。よく聴く楽曲をダウンロードして、通信料金を節約することができます。
いつも聴いている音楽の傾向を分析し、おすすめの楽曲を表示してくれるサービスもありますから、各社のサービス内容を調べて自分に最適な提供会社を選びましょう。

具体的なサービス会社の例を見ていきましょう。
「music.jp(ミュージックドットジェイピー)」は、株式会社エムティーアイが提供するサービスで、着うたや着うたフル、着メロ、歌詞などを配信しています。
無料会員の登録をすると毎月1曲購入することができ、有料のプレミアムコースは300円から5000円まで細かく月額料金が分かれており、支払った月額料金にプラスアルファの料金分の楽曲を購入することができます。
music.jpは、最初は携帯電話の着メロを配信するサービスでスタートし、提供される楽曲はJ−POPを中心に幅広いジャンルに及んでいます。
次に「レコチョク」についてご紹介します。レコチョクは株式会社レコチョクが提供する音楽配信サービスです。
スマートフォンだけではなくパソコンや他の機器でも聴くことができ、歌詞やランキングを楽しむこともできます。
基本料金無料で、購入した曲の代金のみを支払うサービスもありますが、1ヶ月980円の定額料金で聴き放題の「レコチョクBest」もあります。
音楽はパソコンやスマートフォンなどの機器で聴くことができ、パソコンでは特別なアプリは必要ではなくブラウザで聴くことができます。
どこの音楽配信サービスでも同じですが、配信されている楽曲の数や種類には限りがあり、聴き放題と言っても好みの楽曲が提供されているとは限りません。有料のサービスを申し込む前に、無料のお試し期間を上手に利用して決めましょう。
定額聴き放題のサービスは一見お得なように見えますが、毎月300円分の楽曲しか利用しないのであれば1曲ずつ購入できるサービスを利用するほうがお得だと言えるでしょう。
自分に最適な料金プランのサービスを選ぶことが大切です。

十分検討したと思ってサービスの利用を始めても、利用してから思っていたサービスではなかったということはあります。やっぱり他のサービスの方が良かったということもあるでしょう。
そうなると解約をして新しいサービスを探すことになります。
その方法について説明します。
上記「music.jp」のプレミアムコースの場合は、曲を購入しなくても月額料金がかかってしまいますので利用しない場合は解約しましょう。
ますはブラウザでmusic.jpにログインをし、右上のメニューから「会員解除」を選択します。自分が登録しているコースの解除を選択し、手続きを完了させます。
この時、注意すべきことがあります。無料のmusic.jp会員をやめなければ、今まで購入した音楽を再ダウンロードできますが、退会してしまうと再ダウンロードができなくなります。再度利用する可能性があるなら、無料会員は残しておくのが良いでしょう。
「レコチョク」も基本的にはブラウザからログインして行います。レコチョクサイトのMyページより解約を選択します。
定額サービスのレコチョクBestの場合もレコチョクBestサイトより解約ボタンを押して手続きをします。
レコチョクもmusic.jpと同じように無料会員がありますから、購入した楽曲の再ダウンロードなどの利用がしたいのであれば無料会員として登録を残しておくのが良いでしょう。
また、特に気を付けることとしてレコチョクにプリペイド残高が残っている場合、それらの残高もすべてなくなってしまいます。
これらの利用がないかよく確認をしてから、手続きをしましょう。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る