エスケイ通信講座|解約違約金が取られない方法?!

今回のエスケイ通信講座では解約違約金が取られない方法についてご紹介いたします。
引っ越しなどをきっかけにインターネットのプロバイダを変えようとしている方や、月額の利用料金が高いと感じて乗り換えを検討している方は多いのではないでしょうか。
ところが、プロバイダの解約については色々な点で注意が必要です。契約内容によっては、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような規約を締結していることがあるのです。この2年縛りの場合、契約してからの2年の間に解約しようとすると違約金が発生することになります。
契約時はあまり意識をしていなくても、この違約金の費用はプロバイダによって異なりますが、5000円から10000円前後に設定されていることが多く、いざ変えたいと思った時になって少なくない負担としてのしかかってくるものです。
このため、違約金が発生しないようにする方法を確認して、無駄な出費が発生しないように心がけましょう。
まずは、事前に契約内容を確認することが大切です。「今は変えるつもりがないからいいや」などと思っていると、検討した時に後悔する結果になりかねません。
恐らくは「違約金」といった項目に詳細が記載されていることでしょう。また、読んでも分からない場合は、プロバイダに問い合わせをしましょう。それだけ丁寧に確認することが推奨されるのには理由があります。
実は、プロバイダによっては、契約し始めてから何カ月までの解約であれば幾らといった設定を設けている他、「手数料や違約金を必要とせずに解約できる月」というものが設けられていることがあるからです。
一般的にこのような月は「更新月」といった名称で呼ばれ、契約から一年経った月かその前後一ヶ月が指定されていることが多いのです。この時期を逃すと、無駄な出費につながってしまうので、まずはその規約があるかだけでも確認することがおすすめなのです。

更新月が設けられていることが判明し、なおかつその時期に引っ越しなどをするため、現在のプロバイダを解約するというのであれば、費用の観点では何も問題はないと言えるでしょう。
更新月に作業が完了するように新しいプロバイダを決定し、手続きを開始することをおすすめします。ただし、更新月というものが設定されていない契約の場合でも注意が必要です。
短期間だけ限定的に利用したいユーザーに向いた、1日単位で使用・不使用を選択できるものなどが、このケースに該当することが多いでしょう。
このような場合に、何について注意しなければならないかと言うと、解約や利用終了に伴って、Wifi端末など機器類を、返却しなければならない可能性があるということです。
適切に返却処理が行われない場合に違約金のような別途料金を徴収される可能性があります。
そう言った手間を除いた手軽なプランもありますので、こちらも同様に契約内容や解約手順について確認しておきましょう。
ただ、そもそも現在のプロバイダの大半は更新月を設けており、更新の制限がないケースは、自ら進んで選ばないと契約しづらい傾向にあります。
更新の制限がない場合、月額の利用料が少なからず高めに設定されている傾向にあります。反対にキャンペーンなどで格安の利用料金になっている契約の多くは、更新に関する制限があるといった具合です。
家電量販店などではお得なキャンペーンとして契約や乗り換えの推奨を行っているので、自宅のインターネット回線の場合、更新月のある契約になっている可能性が高いでしょう。
このため、まずは契約月を把握してスケジュールを調整するということが、解約に伴う違約金を回避するための最善策と言えるのです。

それでも急遽、プロバイダを変更・解約したいと思った場合、どうすれば違約金を支払わずに対処できるのでしょうか。
「違約金なしに解約は無理だ」と思うかもしれませんが、これは必ずしもできないというわけではありません。
しかし、残念ながら、色々と制限がありますので、誰しもが該当するわけではないという点には、注意をしてください。
その方法とは、回線事業者のみ変更してプロバイダを変更しないという方法です。プロバイダを解約しないので、当然ながら違約金は発生しません。
この場合の注意事項は、そもそも回線事業者(NTTなど)の変更のみで対応できるのかどうかということです。
特に「乗り換えキャンペーン」などの場合、プロバイダ変更も同時にしなければならないことがあり、いつでも該当するとは限りません。
また、違約金が発生したとしても、無料利用期間がある、あるいは乗り換えをすることで、新しい契約先からキャッシュバックをして貰える場合があります。
これで支払った違約金と相殺するという考え方もできるでしょう。
なお、人によっては「一ヶ月は利用料なしで回線を使用できる。無料期間が終わる前に、すぐ契約をやめてしまおう」と考える方がいるかもしれませんが、これはおすすめできません。
なぜなら、多くのプロバイダが短期間での契約打ち切りにはペナルティを課しているからです。
長いところでは一年以内の解約をすると、通常よりも更に多額の違約金を課せられてしまう可能性があります。安易な乗り換えや契約は避けましょう。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る