まずはファン作りから。株式会社ミュージックバンカーの紹介

株式会社ミュージックバンカーは2010年9月1日設立され現在では大阪と東京に会社が存在します。主な事業として映像や音楽といったコンテンツの企画、宣伝、販売からテレビやラジオの番組の企画制作、さらにアプリの企画開発、製作など多岐にわたります。

このなかで株式会社ミュージックバンカーを象徴する事業は音楽、芸能に関する人材の育成とマネジメントといってよいでしょう。なぜなら、この会社の方針は非常に人材育成に力を入れているからであり、それはマネジメント方針にも現れています。そのマネジメント方針は「自らの価値を高め、創造する」です。アナログレコードからストリーミングというめまぐるしい音楽の媒体の変遷のなかでもアーティストや音楽の価値は常に変わらないものです。

現在の音楽事業の状況も単にリスナーの捉え方とアーティストの活動環境が変化しただけであり、決して音楽不況に陥ったわけではないといえます。だからこそ、ミュージックバンカーは「ファンのニーズ」という最も根本的なところに立ち返りマネジメント行っているのです。実際に株式会社ミュージックバンカーは音楽だけでなく、俳優やタレントと幅広くマネジメントを行っていますが、共通してアーティスト固有の価値を築き上げ、クリエイティブで能動的なアーティストマインドをもった人材を育成しているのです。

次に株式会社ミュージックバンカーのオーディションについて説明したいと思います。ミュージックバンカーはボーカルや声優、ナレーターという三つのオーディションを公募しており、開催地は東京と大阪としております。そこのなかでも目を引く部分はわずかでもキャンセルの可能性がある人や志望動機が曖昧な人はオーディションの応募が出来ないことです。そもそもオーディションの内容自体も一人当たりに30分ほどの時間をとって個別に向き合うというものであり、1対1のオーデションから厳正な審査をしていき人材を発掘していくのです。そのはかにも東京だけですがシニアタレントのオーディションやラジオのパーソナリティの募集などがあります。

最後に株式会社ミュージックバンカーの所属しているタレントについて説明したい思います。音楽の分野に関しては演歌女子ルピナス組といった育成タレントから結成されたユニットが有名でしょう。このユニットが歌う曲のジャンルは演歌であり、なかなかに異色なユニットといえるでしょう。俳優に関してもテレビ活動以外にもラジオやナレーション、キャラボイス、アニメといった活動の幅が広いタレントが多く、ミュージックバンカーの幅広い事業範囲が現れているといってもいえるでしょう。

株式会社ミュージックバンカー
http://music-bunker.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る