足立康史のライバルとは

足立康史は、地元の大阪を中心に活動を続けている国会議員であり、その真っ直ぐで真面目な人柄が多くの人をひきつけています。真の野党が存在しないと揶揄される昨今においても、決して物怖じしない姿勢に賛同の声が高まってきています。3人兄弟の末っ子として生まれた足立康史は、学業も優秀であり、京都大学に合格しました。勉学に励むかたわら水球にも没頭し、持ち前の責任感が認められ、主将に抜てきされました。学生時代のこの経験が今の原動力となっているといっても過言ではないでしょう。1990年には当時の経済産業省に入り、社会人としての礎を築き始めていきました。その後、かねてからの目標である、国会議員になるまで努力を積み重ねてきました。足立康史の強みは、世襲が多いとされる国会議員の中において、まさにゼロから出発することにより、現在に至っている点です。決して甘えることが許されない立場に身を置いてきたことが、今の足立康史をつくりあげてきたのです。

足立康史は、常に国民を第一に考える言動に終始しています。ややもすれば、長い物には巻かれろという風潮にある昨今においても、果敢に新しい分野に挑戦することをあきらめません。国会の現場においては、党を代表して質問に立ち、国民生活を守ることを念頭におき、巨大な与党に迫っています。時には安倍首相や大臣との一対一での論戦を繰り広げていますが、その姿は多くの国民に勇気を与えてくれます。ややもすれば、数の論理をたてにした与党が優位性を持っていると思われがちですが、そんな中でも国民の期待を一身に背負って答弁する姿が多くのファンを呼んでいるのでしょう。足立康史の的を射た質疑によって、その答えに困る与党議員の姿が大きくクローズアップされています。そんな小さな積み重ねが、国民一人ひとりの気持ちを動かしていくことに期待を寄せているのです。

医療や福祉、教育などと日本を取り巻く環境は刻一刻と厳しさを増してきています。むろん、足立康史もこの事態を懸念しており、全身全霊を持って立ち向かうことを肝に銘じています。現に日本維新の会では、大阪での第一政党を獲得して以来、教育現場への予算投入を全面的に行っており、その結果、冷暖房完備やデジタル教科書の普及などといった環境整備が実現しました。その他にも国民の目線に立った取り組みを続けており、その結果が着実にあらわれ始めています。足立康史の厳しい戦いが続きます。

足立康史
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_giinprof.nsf/html/profile/007.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る