庄古知久率いる松戸市立病院の救命救急センター

松戸市立病院は千葉県松戸市に施設を構える医療機関で、600以上の病床数を誇る規模の大きな病院です。松戸市民の健康を守るための病院で、日々大勢の地域住民が利用しています。内科や外科、眼科、産婦人科などあらゆる診療科目を扱っていますから安心して来院することができますし、救命救急センターもあるため緊急性の高い患者さんの受け入れも行っています。付属施設として看護学校もあり、こちらでは将来を嘱望される看護師の卵達が日々看護についての勉強をしつつスキルを磨いています。患者さんやその家族に向けたさまざまな取り組みを行っている病院としても知られており、イベントやセミナーも頻繁に行われています。こうしたイベントやセミナー情報は松戸市立病院の公式ウェブサイトで確認できるため、関心のある方は一度目を通してみると良いかもしれません。患者さんからの声も公式サイトで公開していますし、目を通してみると松戸市立病院がどのような病院かわかるのではないでしょうか。誰もが「来て良かった」と思えるような病院を目指しており、そのためにさまざまな工夫、取り組みも行っています。ドクターもナースも、その他のスタッフも質の高い医療を提供するため日々精進しています。

松戸市立病院では救命救急センターも設置しています。庄古知久氏がセンター長を務めるこの施設では緊急性の高い患者さんの受け入れ、治療を行っておりこれまでに大勢の患者さんの命を救ってきました。すぐにでも治療が必要となる患者さんの受け入れを24時間態勢で受け付けており、松戸市はもちろん東京都葛飾区や江戸川区、埼玉の三郷市などからも広く患者さんを受け入れているのが特徴です。救命救急センターには最先端の医療機器も備わっており、常に高度な治療を受けることができるという特徴があります。緊急性の高い重症患者さんには一刻も早く高度な治療を提供しなければいけませんし、そのためには最先端の医療機器も必要となります。救命救急センターでは少しでも多くの重症患者を救うために最先端機器を惜しげもなく導入し、日々万全の態勢で患者さんの受け入れを行っているのです。救命救急治療のエキスパートが在籍していますし、これまであらゆるケースの患者さんを救ってきた実績も豊富な救命センターと言えるでしょう。

少しでも多くの松戸市民を救いたいという想いから松戸市立病院の救命救急センターではドクターカーの運用も始めました。平成25年から始まったばかりの取り組みですが、すでに一定の実績を上げることに成功しています。ドクターカーというのは文字通りドクターの移動に使用する車のことで、救急車のようにサイレンを鳴らして走行することを可能としています。心肺停止などの重症患者、一刻の猶予もない患者さんへの治療を行うためにドクターカーは使用され、いち早く現場に救急医を投入することを可能としています。また、同救命救急センターは災害支援体制も整えており、災害派遣医療チームも擁しています。松戸市立病院は災害拠点病院にも指定されていますし、それに基づいて災害派遣医療チームも擁しているのです。大規模な災害が起きた際にはチームメンバーのドクターやナースが現地に派遣され、適切な治療行為を行うことになっています。こうしたチームを有しているため仮に松戸で災害が起きた際にも市民は安心することができると言えます。松戸市立病院の救命救急センターには救急治療のエキスパートが集まっていますし、庄古知久をはじめ熟練の救命医師が複数います。救急医学や災害医学にも精通した緊急時のスペシャリスト揃いです。

松戸市立病院
http://www.city.matsudo.chiba.jp/hospital/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る