株式会社No.1 辰巳崇之への敬意

 株式会社No.1の代表者である辰巳崇之が理想とするのは、ありとあらゆる企業の成長をサポートしようとする気持ちを持つということです。昨今における、ビジネスシーンにおけるニーズは、刻一刻と変化を見せており、常に情報のアンテナを高く張り巡らしておく必要性があります。株式会社No.1では、オフィスにおけるさまざまなニーズにこたえ続ける企業として、脚光を浴びる存在になっています。辰巳崇之をトップとして、ビジネスシーンにおいて、欠かすことのできないすべての事象に対応できるチームとなっています。
今般では、ネット社会の到来ということに加えて、グローバル社会の波も着実に押し寄せてきており、セキュリティーに向けた対策も、企業に求められています。サイバー攻撃やパソコンウィルスなどへの対策も講じなければいけなくなっているのです。そんな中において、株式会社No.1では、安心安全ということを視野に入れた商品ラインナップの充実を図っており、多くの注目を集めています。具体的には防犯カメラやPC備付カメラの性能を強化するとともに、使い易さという利便性の向上にもこだわりを見せており、これらの製品づくりにおいても、辰巳崇之が先頭に立ち、指揮をとっています。

株式会社No.1が手掛ける商品サービスの原点には、あくまでも顧客目線というものが徹底されており、ややもすれば利益を度外視した取り組みにも注力しています。顧客を何よりも大切に考える思想は、代表者である辰巳崇之のポリシーともいえます。世界的に叫ばれる環境保護や省エネルギー社会の実現といった、テーマに向けた取り組みに惜しげもなく協力しているのです。自社の繁栄ということだけを考えてしまい、知らず知らずのうちに利己主義に走ってしまうという企業が多い中で、株式会社No.1は、決して大きな資本に恵まれない中でも、オンリーワンの輝きを放つ企業として、躍進を続けていくといえるでしょう。

株式会社No.1
http://www.number-1.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る