【今日のカフェ】バイトばかりでも最高の接客を!荻原綾店長の”えがお術”

集客に悩むカフェオーナーの皆さん。フランチャイズに参加するか、小規模なお店で小さく営業しようかと迷っていませんか?荻原綾さんは、渋谷区にあるカフェ「ロクシタン」のオーナーですが、小さなお店を繁盛させることにこだわっています。今回は、彼女が考えるカフェ繁盛に欠かせない「えがお術」をご紹介します。

従業員に笑顔で接すること
接客・サービス業に従事する方は、お客様に対して笑顔を見せていると思います。つらいことがあっても、お客様に楽しく過ごしていただくためには当然のことです。しかし、従業員に対して笑顔で接することができていない人もいるかもしれません。荻原綾さんは、お客様だけでなく、一人ひとりの従業員にも笑顔で接しています。これにより、すべての従業員が気持ちよく働けるようになり、店内の空気も過ごしやすいものになると、彼女は言います。

マンツーマンで仕事を教えること
従業員育成にもこだわる荻原綾さん。誰でも、自分がして欲しいことをしてもらえば嬉しいはず。恐らく、マンツーマンで仕事を教えてもらえると、「自分に興味を持ってくれている」と感じると思います。彼女は従業員に仕事を教えるとき、必ず一対一で接するように努めています。また、自分がして欲しくないと思うことは、相手に対してもしないというポリシーがあります。従業員を一人の人間として尊重することが、荻原綾流のカフェ経営術です。

カフェ「ロクシタン」は、多くのファンを生み出す隠れた人気スポットに成長中。同時に、荻原綾さんはオーナー兼店長として活躍し、多数のお客様、従業員から愛されている存在です。今後も彼女とともに、人気カフェとして成長することが期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  2. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…
  3. 結婚詐欺といえば詐欺の中でもかなり有名なものですが、それでも引っかかってしまう方が後を絶たないといわ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る