花岡篤司とゴルフ

花岡篤司は、ゴルフインストラクターとして、様々な仕事に従事しています。この仕事は誰でもできる訳ではありません。プロとして通用する、専用の試験があります。この試験に合格するために、彼は猛練習を重ねて来ました。自分のフォームの訂正と、科学的な見地からの検証、具体的で分かりやすい説明などです。彼の仕事は必死になればなるほど裏目になるそうで、いつも相手の立場に立って考えているそうです。彼自身、相手のペースを把握することに、最大の比重を掛けています。

知識は花岡篤司の武器です。多くのレッスンプロがおられる中、彼はアマチュアとして、高い指導実績を残しています。その秘訣は、科学的アプローチに基づいた、決めの細かい指導です。彼はいくつかのスキルを身につけており、それらを十全に操れます。ベテランとして、この世界でそこそこの実績を上げている事もあり、大会を通じて、ファンが増える事もあるそうです。彼のファンは、口コミで彼の指導法を知り、指導をお願いしているそうです。

ゴルフは、一朝一夕では身に付きません。この競技は、とてもシビアであり、集中力が要求されます。この競技をしっかりとこなすためには、自分にできることをイメージする必要があります。彼は、その生きざまを通して、多くの方にゴルフの楽しさを伝えています。ゴルフは、パワー勝負であり、テクニック勝負でもあるスポーツです。つまり、彼にとっては、ゴルフは人生の一部と言えます。彼の指導は、短時間でみっちりと実力が身に付くよう、工夫されています。

練習は、大変です。彼はつらい練習には耐えられましたが、才能はあまりありませんでした。花岡篤司にとって、まともな練習とは、自分を知ることにほかなりません。ゴルファーとしての自覚が芽生えるまで、10年はかかりました。現在でも、苦い下積み時代の思い出が去来するそうです。若い人ほど自分の力に頼りたがるものです。彼にとって、力とは比重であり、バランスでもあります。数学をきちんと学んでいる人ほど、彼の話を正しく理解できているそうです。

ゴルフは、結局のところ、何も知らない方が良いそうです。下手に情報を仕入れてしまうと、その情報の枠組みの中でしか思考しなくなるからです。花岡篤司は自分自身を戒めており、彼自身、まだまだ勉強が足りないと感じられています。花岡篤司は、自分のゴルフ人生の集大成として、インストラクターの仕事を続けています。これこそ、彼が生きる意義かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 様々なものが購入するまでもなく借りる事が出来る便利な時代、CDやDVDだけでなくスーツやドレスをはじ…
  2. プライマリーカイロプラクティックは、川口 腰痛や肩こりを治療してくれたり、身体の不調を解消してくれる…
  3. 我が家には春から中学生になった息子がいます。小学生の頃とは違い、受験も見越して勉強しなければいけない…

アーカイブ

ページ上部へ戻る