後藤正好が好きな孫

後藤正好は初孫を楽しみにしていました。彼には息子が2人いますが、社長業をしていたため積極的に子育てに参加できなかったことを今でも後悔しているのです。ですから、孫が生まれたら今までの償いの意味も込めて、おじいちゃんとしてしっかり接してあげようと思うようになりました。長男が結婚して1年後、長男の奥さんが妊娠していることが分かりました。女の子だと分かったときは、後藤正好は誰よりも喜んでいました。なぜ喜んだかというと、後藤正好の子供は二人とも男だったので、どうしても孫は女の子のほうが良いなあと思っていたのです。そのため孫が生まれたときは自宅から離れている病院まで駆けつけました。

元気な女の子が生まれてきたときは、自分の子供のように喜びました。孫にプレゼントするにはどのようなものが良いか 自分の妻と話し合って決めています。生まれてすぐに服をプレゼントしてあげました。その後はおもちゃをプレゼントしました。息子の奥さんも喜んでくれました。後藤正好は女の子へのプレゼントにはどのようなものが良いかよく分からなかったので、選ぶときはいつも彼の妻が同伴してプレゼント選びをしていました。彼は、しばしば人からセンスが無いと言われ続けてきたので、自分が選ぶプレゼントでは孫が喜んでくれないのではないかといつも不安になってしまいます。そのため、後藤正好の奥さんはいつも一緒にプレゼントを選んであげています。熊本市内の百貨店に行って買うことが多いのですが、今ではインターネットでもプレゼントを購入することができるようなったのがとても便利だと感じています。

インターネットで購入するにしてもプレゼントの商品選びは奥さんにしてもらい、決済をするのは後藤正好という一連の流れは変わりません。可愛い孫へ今まで様々なプレゼントを贈ってきましたが、もう少し孫が大きくなったら家族みんなで旅行をしたいと思っています。後藤正好は昔から旅行をするのが大好きだったので、孫がもう少し大きくなって言葉を喋るようになったら楽しい旅行をプレゼントすることを目標にしているのです。そのために60代にになった今でも現役で仕事を頑張っています。自分で起業した会社のスタッフに会社を任せることもできますが、働くことは彼の楽しみでもありますし、何よりプレゼントを買って孫に笑顔になってもらいたいので今でも社長業を続けています。孫が笑ってくれると、家族みんなが笑顔になるので、また必要以上にプレゼントを買ってあげたくなってしまうのです。ですが、あまりにも沢山プレゼントをあげすぎると息子の奥さんや自分の妻に怒られてしまうので、最近ではプレゼントを購入するのを我慢しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る