小田倉哲治氏は、繊維会社の社長として活躍しています

小田倉哲治は学歴こそありませんが、今や4人の子供を育て上げ、大会社の社長となって活躍している人です。社員の皆から尊敬され、頼りにされている頼もしい社長です。
小田倉哲治は小さい頃は体があまり丈夫な方ではなく、小学校もあまり通えずに自宅と病院の往復のような生活を送っていました。中学になってからは体はだいぶ丈夫になったのですが、勉学の遅れがあったため、あまり学校へ通うことがなく卒業を迎えることになりました。小田倉氏の実家はあまり裕福ではなかったため、卒業してすぐに家を出て紡績工場で働くこととなり、社会の厳しさを初めて知ることになります。厳しい社会に揉まれながら、やはり勉強は大切だと気づいたのはこの頃からです。

そこでまた1から勉強をし始めようと決意し、働きながら夜間高校、夜間大学と進学し、繊維関係の勉強を本格的に開始しました。働きながらの勉強はとても大変でしたが、元々努力家で1度決めたことは最後までやり通すという性格の持ち主だったため、かなり頑張った結果、無事大学の卒業証書を手に入れました。その後、数年間その紡績工場で働き続けましたが、その時に知り合った仲間3人と自分達の会社を立ち上げようと決意し、30歳をきっかけに紡績工場を退社します。

退社して翌年、小田倉哲治氏を社長としてたった4人で小さな繊維会社を立ち上げました。始めは仕事もあまり無く、今にもつぶれそうな会社でしたが、持ち前の根性と努力で次第に今のような大きな会社にまで成長させていきます。小田倉氏の繊維会社は彼を中心に仲間との団結力が強く、何か問題があったときは小田倉哲治氏が皆を率いて問題解決に臨みました。バブル時代の終わりには大打撃を受けてしまいましたが、山あり谷ありの時代を何とか乗り切ってきました。この頃から小田倉哲治氏の人生は順風満帆となっていきます。結婚をした後はすぐに4人の子供にも恵まれ、現在では孫を2人持つ身となっています。今や繊維関係の会社と言えば小田倉哲治氏の会社のことだと誰もが知っているほどに大きくなりました。近く会社を息子に譲って、小田倉氏は会長職になる予定でいます。

現在の小田倉哲治には悩みが全く無いというわけではありません。孫が小田倉氏の小さい頃と同じように体が弱く、喘息持ちになってしまったのです。ですが、昔よりも現代の医療はかなり進んでいるため、それほど心配な状況ではないでしょう。何よりも小さいときからの勉強の積み重ねが大切だと身を持って感じているため、孫が学校に通うことを誰よりも心配している優しい人物が、現在の小田倉哲治氏です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)はweb制作事業を手掛けている会社です。今まで数々の案件を担当してきており実績があり…
  2. 様々なものが購入するまでもなく借りる事が出来る便利な時代、CDやDVDだけでなくスーツやドレスをはじ…
  3. プライマリーカイロプラクティックは、川口 腰痛や肩こりを治療してくれたり、身体の不調を解消してくれる…
ページ上部へ戻る