吉野美穂子とclub one(クラブワン)の出会い

吉野美穂子はヨガサークルclubone(クラブワン)の立ち上げメンバーの内の一人です。
当時、その大学には山ほどサークルがありましたが、ヨガサークルというものはありませんでした。
吉野美穂子は高校生の頃から母親と一緒にヨガ教室に通っており、大学進学を機に地元を離れた後も、ヨガを続けていきたいと思っていました。
ですが、東京でヨガ教室に通うとなると、かなりの費用がかかることに気づき、ならば自分でサークルを始めてみようと思ったことが始まりです。
大学入学後、同じセミナーの友人にヨガサークルの話をしたところ、彼女も同様にヨガに興味があることが分かり、意気投合しました。
そして、その他にも仲間を見つけ、吉野美穂子は五人でヨガサークルclub one(クラブワン)を立ち上げることになりました。
club one(クラブワン)の活動は、大学の体育館を使用して、一時間ほどヨガを行うというものでした。
ですがサークルを立ち上げた当初は場所を見つけること自体が大変でした。すでに体育館は他のサークルが使用していることが多く、club one(クラブワン)の場所を確保することができなかったからです。なので、大学の体育館が使用できるようになるまでは、近くの市立の体育館を利用したり、公民館を利用するなどして活動を続けていきました。そしてサークルを立ち上げてから約半年ほど経ったころ、ようやく活動が認められ体育館を使用することができるようになりました。普通のヨガクラスに通うよりも費用がとてもやすく済むため、サークルのメンバーは少しずつですが増えていくことになります。毎週体育館に集まり、皆でヨガを行い、爽やかで気持ちの良い汗をかくことはとても心地よいものでした。

吉野美穂子がヨガサークルclub one(クラブワン)を立ち上げてから、一年が過ぎたころ、人数は10人程度に増えていました。
吉野美穂子を含めサークルメンバーは皆とても明るく元気が良く、運動が大好きでヨガを心から愛していました。
サークルメンバーと一緒にいるだけで、毎日が楽しく充実しており、吉野美穂子は素晴らしい大学生活を送ることになります。
彼女はサークルの中心人物として活躍し続け、ヨガの腕前はもちろんの事、何事にも妥協をせず自分に厳しく他人には優しいそんな彼女は、メンバーから絶大な信頼を得ていました。
探求心や研究心もある彼女は、大学三年時には、インドへヨガ旅行の計画を立てることになります。
海外へ出ることはもちろん、途上国のインドという地を選んだことに、サークルメンバーも驚いていました。
インドはヨガ発祥の地であり、様々なセミナーや講習会が開かれています。彼女は旅行日程に様々なヨガイベントを組み入れ、その魅力的な計画に旅行参加者も次第に増えていきました。
彼女の行動力の素晴らしさは、club one(クラブワン)設立時にいかんなく発揮されましたが、この旅行時でも大きく花開きます。最後は総勢10名となる大きなグループでインド旅行に挑みましたが、チケットの手配から日程の調整、ヨガ教室やイベントの予約など、全て彼女は一人でこなしていきました。素晴らしいリーダーシップを図り、club one(クラブワン)のメンバーの誰一人としてインド旅行でトラブルに見舞うことなく無事に日本に帰国することができました。何でも実行してしまう、夢を現実に変えてしまうのが、彼女の素晴らしい点であり、誰もが憧れるところかもしれません。

吉野美穂子がヨガサークルclub one(クラブワン)を立ち上げてから瞬く間に月日が経っていきました。彼女は、自分の行動力や実践力を活かし、就職活動では、企画運営に携わる企業への内定を決めました。
吉野美穂子が4年生の時には、club one(クラブワン)のメンバーはすでに20人になっており、設立当初の5人から大きく人数を増やしていました。
一年生から四年生まで、そして初心者から上級者まで、様々な学生がヨガを楽しむことができるサークルとして、大学の中でも有名になっていきました。吉野美穂子はサークル卒業前には、もう一度旅行の企画を立てますが、その時は、インドではなく国内旅行を選びました。海外ではないので、費用も安く済み、メンバーも参加しやすいとの思いで、企画を練っていきました。自由参加の旅行でしたが、最後はメンバー全員が参加するという素晴らしい旅行になりました。彼女はこの旅行でも企画者としてリーダーとして最後まで責任を果たしました。皆が楽しめるように、問題が発生しないように細やかな気配りを行い、縁の下の力持ちとして活躍していきました。
旅行最終日には、メンバー全員から心温まる寄せ書きとプレゼントをもらい、一人ひとり涙を流しながら、彼女に対して感謝の思いと、今までどれだけ彼女がサークルに貢献してきたか、どれだけメンバーから愛されてきたかを伝えました。彼女が立ち上げたヨガサークルclub one(クラブワン)は、友情と青春に溢れたとても熱い素晴らしいサークルになったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る