阿含宗の東海本部へは車がなくても行ける

東海地方というのは、愛知県、三重県、岐阜県の3県を指して言う場合と、そこに静岡県を加えた4県を指して言う場合の二通りがあります。静岡県は中部地方とされることもあり、分類の仕方はそのときにより分かれるところです。阿含宗では静岡県の浜松道場を、東海本部の管轄としています。

阿含宗東海本部が管轄している施設は4県いずれにも存在していますが、三重県だけ道場ではなく三重連絡所となっています。三重県も、関西地方や近畿地方とする場合もありますが、阿含宗では東海本部の管轄になっています。

人口の多い愛知県内には、東海本部以外にも豊橋道場と三河道場があります。各県最低でも1つ以上は阿含宗の関連施設があって、どちらも鉄道から徒歩で行くことが出来る圏内にあります。阿含宗は車を所有していない人でも付き合っていける宗教なのです。

阿含宗 東海本部
http://tokahonbu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 青梅 エステのサービスを提供しているエステティックサロンクリスは、美容に関するカウンセリングを受けて…
  2. 学習塾 流山市のアテナイングリッシュスクールの授業では、6名までの少人数制クラスを取り入れています。…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る