地域への貢献を目指して奮闘する村上悦栄

1991年に初当選してから、東京都練馬区で活躍を続けている村上悦栄は、近年でも地域貢献を目指して活動しています。人物としての魅力はもちろん、地域社会に対して熱い思いを持っているからこそ、その活動内容に関して注目が集まっていると言えます。行っている活動としては、主に地域の活性化と陸上自衛隊との交流、地域福祉の向上などが挙げられます。その他、災害対策などにも力を入れていて、地域の人が安全に楽しく暮らしていけるような地域づくりを進めている人物です。問題に対して真摯に取り組み、最適な答えを導き出せるように活動していて、その領域は近年も広がりを見せています。もちろん、全ての問題に対してすべての対策が完了しているわけではありません。ですから、村上悦栄はこれからも確実に問題を解決できるよう歩を進めているのです。

村上悦栄は東京都練馬区の区議会自由民主党で副幹事長を務めている人物です。所属している委員会も多くあり、実際に東京都で生まれ、練馬区の北町でずっと育ってきた経験を活かし、この街にとって何ができるのかを考えている人物でもあります。実際に北町で育った経験というのが彼の中では大きく、地域の活性化などについては、特に力を入れている人物です。その一つとして、「きたまち阿波おどり」というイベントなどは、大きな催しとなっていて、1600人の踊り手等が活躍し、地域をより元気にすることに繋がっていると言えるでしょう。観客も5万人を超えるなど、非常にイベントとしての規模も大きくなっているのが、このイベントの特徴です。年々大きなイベントとして成長してきたこともあり、今後はより多くの方が参加できるイベントとなるでしょう。もちろん村上悦栄が取り組んでいる活動はこれが全てではありません。しっかりと地域が活性化できるようにこれからも日々貢献していくという点は確かです。

その他にも、近年頻繁に起こっているゲリラ豪雨の対策については、特に区議会の活動としても大きくなっています。災害に強い街を作るために、近年も常に対策を進めていますので、実際に多くの方が楽しく暮らしている練馬区は、より安全に暮らせる町になっています。対策が十分な地域になればなるほど、その地域はより強く、魅力的なものとなるはずです。ですから、村上悦栄はそれを目指し、さらなる活躍の場へと足を進めています。評価としては、まだまだ高くない人物ではあるものの、安定した区政を進めているということもあり、賛同者も多いです。その着実な歩みで、これからも積極的に練馬区を活性化していってくれることは間違いないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 様々なものが購入するまでもなく借りる事が出来る便利な時代、CDやDVDだけでなくスーツやドレスをはじ…
  2. プライマリーカイロプラクティックは、川口 腰痛や肩こりを治療してくれたり、身体の不調を解消してくれる…
  3. 我が家には春から中学生になった息子がいます。小学生の頃とは違い、受験も見越して勉強しなければいけない…

アーカイブ

ページ上部へ戻る