店舗デザイン 東京の居抜き物件

新築のお店を探さなくても、費用を安くあげたいなら「居抜き物件」を利用するという方法があります。
居抜き物件とは、前の店の内装や設備などがそのまま残されている物件を言います。

カフェを開業する場合はカフェの居抜き物件を、ラーメン屋を開業する場合はラーメン屋の居抜き物件を選べば、それほど大がかりなリフォームをしなくてすみます。
備品ごと残っているような居抜き物件であれば、開店までの日数を大幅に短縮することもできるでしょう。

ただし、居抜き物件と言っても、「厨房だけ残っています」とか「壁や床などの内装がない物件」も存在します。
設備のない状態で、建物の外側だけの場合もあります。ワケ有りの居抜き物件も少なくないため、契約する際に注意が必要です。
店舗デザイン 東京ウエムラデザインスタジオが、条件に合った居抜き物件をご紹介します。

ウエムラデザインスタジオ
http://www.uemura-design.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、訪日外国人旅行者の旅行消費、いわゆる「インバウンド消費」が増加しています。観光庁によると、20…
  2. 地球温暖化が進行し、膨大な被害が広がり始めている今、私たち国民一人ひとりが社会をよくしていかなければ…
  3. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
ページ上部へ戻る